読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずいろブラッド攻略ブログ

ニンテンドーDSのゲーム「みずいろブラッド」について書いてます。記事はこれから増やしていく予定です。ネタバレ注意。まずは「目次に戻る」をクリックして目次に行ってみてください。

第40話「守るべきモノ」

目次に戻る

 

 

 

 

 

 

 

おなはし前半

ブラッド学園の卒業式後のこと。

 

空から何かが落ちてくる…。

f:id:mizuirochang:20161213215810p:plain

 

 

 

みずいろちゃんは、いつの間にかどこか分からない所にいた。

f:id:mizuirochang:20161213220544p:plain

 

みずいろ「ん… んん…」

みずいろ「ここは… どこ? 何がどうなっちゃったの?」

 

すると、みずいろちゃんの目の前にウシキング先生の映像が映し出された。

f:id:mizuirochang:20161213225046p:plain

 

みずいろ「ウシキング先生!」

ウシキング先生「もーー(気が付いたか。)」

みずいろ「いったい、何がどうなったんですか?」

 

ウシキング先生「敵部隊によって学校が攻撃された。ここは地下のシェルターだ。」

みずいろ「敵… 攻撃? 何言っているの先生?」

ウシキング先生「宇宙生命体ギャラクシアン、それが我々の敵だ。東京・博多・名古屋・大阪、主要都市は壊滅状態。私たちはかろうじて地下のシェルターへ避難できた。」 

みずいろ「シェルター? なんでそんなものが学校に!?」

ウシキング先生「私たちの学校は、やつらの攻撃に備えて準備された訓練校だったのだ。」

みずいろ「知らないよ! そんなの!」

ウシキング先生「今より我々は反撃作戦に出る。辛いだろうが、キミには今から迎撃に向かって貰う。」

 

f:id:mizuirochang:20161213223040p:plain

そう言うとみずいろちゃんの背後に出てきたのは、UIMSと書かれた機体"FAKER2"だった。

 

ウシキング先生「最新鋭機"FAKER2"、唯一完成した機体だ。」

みずいろ「わたし関係ないッ! 帰して! みんなは? 加藤くんはどこ?」

ウシキング先生「彼は下校途中で爆撃に遭遇した。」

みずいろ「えっ?」

ウシキング先生「一命はとりとめ、現在は市内の病院に搬送中となっている。」

みずいろ「加藤くん…」

ウシキング先生「テストで優秀な成績を収めたキミが…キミだけが、この地球の唯一の希望なのだ。」

みずいろ「…」

ウシキング先生「頼む。この星を救ってくれ…」

みずいろ「でも、わたし… そんな…」

 

すると突然大きな振動が起こり、ブザーが鳴り響いた。ウシキング先生の映像も消えてしまった。

 

みずいろ「えっ? 何? どうしたの?」

 

緊急警報!敵ギャラクシアンが基地内部に潜入!第二防衛網を突破されました!

f:id:mizuirochang:20170129192618p:plain

 

そのとき、再び映像が映し出された。

そこに映っていたのは、くろはらくんだった。

f:id:mizuirochang:20161213225258p:plain

 

くろはら「よう!」 

みずいろ「くろはらくん…」

くろはら「大変なことになっちまったな。 ハハッ、オメェの方が優秀だったって事だ。」 

みずいろ「…」

くろはら「オメェひとりに任せちまって… 悪いな。」 

 

しかし、再びブザーが鳴り響き始めた。

みずいろ「くろはらくん!!」

 

第三防衛網を突破されます!このままでは格納庫のFAKER2が!

 

f:id:mizuirochang:20161213230952p:plain

再び映像に映し出されたくろはらくん。

 

くろはら「こ、ここは絶対にオレが守る。 だから、行け。オメェを無事に打ち上げてやる!」 

みずいろ「くろはらくん!!」

くろはら「加藤のことが好きなんだろう!行くんだッ!」  

みずいろ「…わかった。私、戦う。」

 

戦うことを決心したみずいろちゃん。

f:id:mizuirochang:20161213231604p:plain

そして、FAKER2が打ち上げられた。

 

くろはら「最後まで…言えなかったな…」 

f:id:mizuirochang:20170129193117p:plain

 

 

宇宙まで打ち上げられたFAKER2。目の前には数えきれないほどのエイリアンがいる。

f:id:mizuirochang:20161214020911p:plain

 

みずいろ「この星を侵略させたりなんかしない!」

 

ゲーム内容

ゲームのジャンル:シューティング

詳しくはミニゲームについてを参照。

 

f:id:mizuirochang:20161214021430p:plain

タッチペン写ってます

 

ボタンをタッチして弾を発射し、エイリアンを撃破せよ!

巨大なエイリアンが出てきたら、ボタンを連打して弾を連射すれば倒せる。エイリアンの動きは速いので今までのシューティングより難しいが、今までのシューティングと同じく音楽に合わせて弾を発射すれば大丈夫なはずだ。

 

おなはし後半 

f:id:mizuirochang:20161214023419p:plain

 

攻撃を受けつつも、敵を次々と撃破していったみずいろちゃん。

みずいろ「これで…やっと地球に…」

しかし…

 

f:id:mizuirochang:20161214023919p:plain

 

至近距離にワープエネルギー感知!

 

 

f:id:mizuirochang:20161214024622p:plain 

すると、巨大な白い球状の母艦が出現した

 

f:id:mizuirochang:20161214024823p:plain

 

ワープエネルギーの正体は、巨大な母艦だった。

みずいろ「そ、そんな…」

 

 

最終話「さいごのことば」に続く