読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずいろブラッド攻略ブログ

ニンテンドーDSのゲーム「みずいろブラッド」について書いてます。記事はこれから増やしていく予定です。ネタバレ注意。まずは「目次に戻る」をクリックして目次に行ってみてください。

ごほうびについて

目次に戻る

 

ごほうびについて

評価の高いメダルをいくつか集めるとごほうびがもらえる(メダルを集める以外の条件でもらえるごほうびも一部ある)。集めたごほうびは「ごほうび表」から見ることができる。

 

ごほうび一覧

各ごほうびの説明と、ごほうびをもらった時のみずいろちゃんとおかあさんの会話を紹介する。

ごほうび表1ページ目

f:id:mizuirochang:20161210231159j:plain

 

リボン

おかあさん「みずいろちゃん。入学おめでとう!これ、おかあさんからのごほうびよ!」

みずいろ「わーい!かわいいー!ありがとう!おかあさん!」

みずいろちゃんが入学式の時に着けていた可愛いリボン。でもどっかいった。

 

王冠

おかあさん「先生から何か贈り物よ…何かしら?」

みずいろ「なあに?そのキラキラしたブツは?」

ウシキング先生がいつも頭に着けている王冠。ウシキング帝国の王位に就くもののみが戴冠を許される。第182代ウシキング王である。彼の心はその民と共にある。

 

おかあさん「ウシキング先生ってちょっと素敵ね!」

みずいろ「おかあさんも、ちょっとアバンチュールの予感?」

ウシキング先生の大好物の草!ふんわりお日様でほどよく乾燥させたその草はトップブリーダーも大満足!

 

カマボコ

おかあさん「みずいろちゃん!玄関の前にこんなものモノがあったわよ。」

みずいろ「あ、ラブネリちゃん…じゃないみたいね。」

ラブネリっぽいカマボコ。ラブネリと違い、自我を持たない。

 

すけとうだら

おかあさん「あなたのお友達の原料が届いてるわ。」

みずいろ「さかなさかなさかな!」

ラブネリの原料。他にも合成保存料とかいろいろ入っているらしいが、ラブネリ自身は「天然素材だけでできているんだから!」と強情を張っている。だがその強がりもいつまで続くことやら。

 

リコーダー

おかあさん「学校でなくしたモノがとどいてるわよ。」

みずいろ「あ、これ学校で無くしたリコーダーだ。どこで見つかったのかなあ。」

くろはらくんが盗んだみずいろちゃんのリコーダー。キモチは判るけど、盗むのはよくないぞ!くろはらくん!

 

コサージュ

おかあさん「プレゼントありがとう、おかあさん涙が出ちゃうわ。」

みずいろ「喜んで頂けて光栄の極みでゴザル!」

みずいろちゃんがおかあさんに買ってあげたコサージュ。バケモノにとてもよく似合う。

 

寿司

おかあさん「玄関の前にこんなモノが。腐ってないかしら?」

みずいろ「でもお寿司は大好き!(ムフフ…好きな男子と好みは一緒…)」

加藤くんの好物。死ぬほど食いたい!と言ったらみずいろちゃんに死ぬほど食わされた。ロボットはあんまり生魚食べちゃダメ~!

 

おかあさんの涙

おかあさん「歳をとるといろんなところがユルくなるものなのよ…」

みずいろ「おかあさんあんまり涙を流すと、溺れちゃうから勘弁してチョンマゲ!」

おかあさんが悲しくなると流す涙。大量すぎて洪水を巻き起こす。三つほどの都市がその洪水に流されて消失した。

 

活命力の水

おかあさん「加藤くんのおかあさんから贈り物が…これをどうしろというのかしら。」

みずいろ「転売して儲けるしかない!でも、マルチがどうのって、なんだかよく判らないなあ。」

飲めば健康!売れば大もうけ!この水をなんとかすれば儲かるハズ…と、加藤くんのおかあさんが必死に言ってました。

 

ニャホムライス

おかあさん「今日はみずいろちゃんの大好物を作ったのよ。」

みずいろ「わあーい!ニャホムライスだ!これ大大だーい好き!」

みずいろちゃん達のクラスの給食で出る人気のご飯。細かく刻んだ野菜と魚が入ったチャーハンで、上に旗が立っている。

 

みずいろオイル

おかあさん「あらあら、オイルが漏れてるじゃない。劇物だから気をつけてね!」

みずいろ「キャー!こんなはしたない液を漏らしちゃうだなんて乙女失格!でもこれって恋の成せるワザかしら…」

みずいろちゃん達ロボットの身体に流れるオイル。ドクロの森の中にある工場でロボット達に詰め込まれている。工場でパートをしているおかあさんの足が水色なのもこの油がしみこんだせい。実は死ぬほどものすごい毒。なめるな危険。

 

日本刀

おかあさん「ウシキング先生から頂き物があったのよ。黒光りしておかあさんウットリしちゃうわ…。」

みずいろ「おかあさんってウシキング先生の話をするときに必要以上にウットリするよね…まさか…まさか…!」

ウシキング先生が常に隠し持っている日本刀。その剣を手にしたモノはとりつかれたようになり、人を斬らずにはいられない。ただし、ウシキング先生は手に持たないから大丈夫!でも銃刀法違反だよ先生!

 

黒板消し

おかあさん「あらやだ、こんなモノを持ち帰ってたの?」

みずいろ「これを解析してウシキング先生がなんで手を使わずに黒板消せるか解明してやる!」

黒板を消す為の道具。ウシキング先生はこの道具を手を使わずに動かすことができる。念?

 

ソルバルウ

おかあさん「ガル・ザカート!」

みずいろ「ギド・スパリオ!」

ゼビウス」という30代後半の男性が聞いたら涙ぐみながら30分ほど語られる事の多いゲームの自機。意外とずんぐりむっくりしている。なんと「みずいろブラッド」には登場しません!

 

浮き輪

おかあさん「みずいろちゃん。アルバイト先の方から頂き物があったわよ。」

みずいろ「今年のアルバイトは頑張ったなー!」

みずいろちゃんがアルバイトしていた海の家にある浮き輪。みずいろちゃんは比重が重いので浮き輪がいるんだよ!ラブネリはスギの木の板がくっついているから浮くんだよ!

 

虫取りあみ

おかあさん「遊ぶのもいいけど、ちゃんとお片づけなさいね。」

みずいろ「えー、だってまた使うんだもーん!(使わないけどね)」

みずいろちゃんが夏休みの自由研究で昆虫採集をしたときに使用した網。超高圧電流が流れていて、捕獲した生物はとても痛い思いをする。ただし、小さい虫だと蒸発してしまい使い物にならない。

 

メモリのチップ

おかあさん「あらあら。そろそろ容量の多いものに交換しないとダメかしら。」

みずいろ「メモリをアップグレード!転送速度も向上!」

みずいろちゃんの体内にあるチップ。メモリ内部は加藤くんの記憶でいっぱい!バッファオーバーフローしそう!

 

風鈴

おかあさん「縁日で買ってきたの。みずいろちゃんのお部屋に飾ったらどうかと思って。」

みずいろ「あ、風鈴だ~。風林火山!…ゴメンナサイ。」

風が吹くとキモチの良い音がする鈴。ゲームなんかやめて夏の風物詩に耳を傾けてみては?…あれ?

 

羊の置物

おかあさん「加藤くんのおかあさんからまた贈り物があったわ。あの家大丈夫かしら。」

みずいろ「ひつじさんだー!」

フレンドを増やして売りつけるとあら不思議、どんどんお金が儲かる羊の置物。フレンドとは?加藤くんのおかあさんが沢山購入しました。なんかアヤシイ感じ…

 

どんかつマーク

おかあさん「なんだか筒状のお二人がいらっしゃって、このマークを頂いたわ。お友達?」

みずいろ「む、なんか太鼓を叩くゲームのマークに激似ですな。」

叩くと太鼓みたいな音がするマークだドン!…あれ?どっかで聞いたような気がするでカツ!

 

ペケポン

おかあさん「あらやだ、なんでしょうこれ。」

みずいろ「変なイキモノー!」

太鼓っぽいマークを運ぶ謎の生物。ナゲヤリなデザインを含め、その全ては謎に包まれている。

 

1位の旗

おかあさん「みずいろちゃん。常に世界を視野に入れて戦うのよ。」

みずいろ「ラジャー!世界を制圧するその日まで気を緩めない所存でアリマス!」

運動会の100メートル走で1着の時にゲット出来る栄光の旗。血眼になって奪い合う学生達の姿は、過当な競争社会の写し絵と言えよう。

 

ハチマキ

おかあさん「負けたら分解される。そのくらいの気持ちで相手をひきずりおろしてね。」

みずいろ「分解って…」

運動会の時にみずいろちゃんが頭に巻いていたハチマキ。気合い十分!敵のクラスを壊滅させろ!

 

ごほうび表2ページ目

f:id:mizuirochang:20161210231312j:plain

 

あの肉

おかあさん「帰り道に売ってたの。おいしそうでしょう!」

みずいろ「あ、「あの肉」だー!一度かぶりつきたかったんだよねー!」

マンガでよく出てくる「あの肉」。どっかに売ってるらしいけど、よくわかんない。

 

ガマゴッチ

おかあさん「おかあさんも並んで買っちゃったわ!」

みずいろ「あ、「ガマゴッチ」…」

大人気商品「たまごっち」のバッタモン。寂しがりのオタマジャクシをとてつもなくデカいガマに育てるマニアックゲームで、これはこれで面白いと評判。

 

スペシャルフラッグ

おかあさんスペシャルなフラッグが玄関先に落ちてたわ!」

みずいろ「わーい!スペシャルなフラッグだー!」

スペシャルな旗。もう思い出せないくらい昔のゲームに出てきてたけど、どうでもいい。お父さんに見せると多少の話題作りには役立つかもしれないけれど、責任はもてません。

 

16t

おかあさん「今朝、5000メートルの上空からコレが降ってきたわ。」

みずいろ「こいつに何回潰された事か…むーん。」

みずいろちゃんがマズイ事をしでかすと上空から落ちてくる重り。案外重い。潰されると死ぬほど痛い。

 

手裏剣

おかあさん「みずいろちゃん。他人は信じちゃダメよ?常に忍の心を忘れないことね。」

みずいろ「じゃあ誰を信じればいいの?人間は孤独で、ひとりでは生きていけないのに…」

みずいろちゃんが加藤くんの家に忍び込む際に携帯していた手裏剣。途中、何名かを冥界に送った。

 

いしださんのリンゴ

おかあさん「オプションコーナーのいしださんから頂き物があったのよ。」

みずいろ「あ、リンゴだ!ジュースにして良し。そのままでも良し。でもアップルパイがダントツで好き~!」

オプションコーナーで暮らしているいしださんがいつも食べているリンゴ。青森産で甘みが強く果汁が多い「つがる」種。

 

天使の羽

おかあさん「あんまり無理しちゃダメよ?ダーメダメよ?」

みずいろ「それを付けるとなんだか上に昇りたくなっちゃうんだよね~。」

死ぬときに背中に付く羽。これを付けて上に昇り切ってしまうとヤバイ

 

ショートケーキ

おかあさん「イダさんって方から贈り物を頂いたわ。」

みずいろ「あ、ショートケーキ!あまいモノは全国の女子のほぼ98%が好きな食べ物です。」

イダさんの好物。イダさんって誰?

 

クリスマスハット

おかあさん「みずいろちゃんが良い子にしてればきっとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるのよ。」

みずいろ「ほんとう?じゃあわたし良い子にしてる。本当だよ?」

クリスマスの飾りがついた帽子。この帽子を見るとなぜかオラ、ワクワクするだ!

 

鏡もち

おかあさん「お餅ってカビが生えやすいのよねえ…」

みずいろ「カビてんじゃん!」

丸く平たく作られた大小二つのお餅を重ねた正月用の飾り物。だいたいカビます。そういうときはカビの部分を削って油で揚げるとおやつにグー!

 

幸せになる壺

おかあさん「加藤くんのおうち大丈夫かしら。なんだか大変みたいね。」

みずいろ「またきたコレ。安いけど高い。これいかに。」

家においておくだけでお金が儲かるハズの壺。安物だが死ぬほど高い。加藤くんのおかあさんが全財産を使って購入しました。なんかだまされてないかなー?このあと加藤くんのおかあさん、いなくなっちゃったみたい…

 

スカイフィッシュ

おかあさん「変な生命体がいたから捕まえてきたわ。今晩のおかずにどうかと思って。」

みずいろ「…実在するんだ…」

<p

ビデオなどにしか映らず、実在が疑われる謎の生物。一説によると、カメラのモーションブラー(残像現象)によるハエや昆虫などの映像とも言われているが、そういう事ばかり言ってると夢がなくなるのでここは一つ存在する方向でご検討頂ければ幸いです。

 

バレンタインチョコ

おかあさん「あらあら。みずいろちゃんもお年頃なのね。」

みずいろ「えへへ。このチョコを加藤くんに贈るんだ!」

女の子がその雌の本能を爆発させるために買い込む黒いカタマリ。ちょっと気になる男子に投げつけて遊ぶ。ウソ。

 

ハエ

おかあさん「みずいろちゃんにお礼が言いたいってこの方がいらっしゃったわ。」

みずいろ「何、このハエ?」

ベルゼブブ(ハエの王)。魔人の君主として数万年もの間魔界に君臨したが、ふとしたはずみでラブネリに捕まる。しかもスカイフィッシュと間違えられて。その後無事にリリースされ、魔界の秩序は保たれました。

 

チョーク

おかあさん「みずいろちゃんの装甲もそろそろ強化しないとダメかしら…」

みずいろ「この攻撃に耐えうる装甲を実装しなければヤツとの闘いには勝てない…」

授業中にふざけているとウシキング先生が投げてくる。その連射速度は1秒間に256発で、被弾したらどんな恒テルモ紙くずのように吹き飛ばされる。なのでみずいろちゃん達はチョバムアーマー(セラミック入り積層装甲)を装備している。

 

ひし餅

おかあさん「お友達のラブネリちゃんから贈り物を頂いたわ。今度お礼を言いなさいね。」

みずいろ「わーい!ありがとう!あまくて美味しい~!」

ひなまつりの時にひな壇に飾られる大して美味しくもない餅。みずいろちゃんがラブネリをバカにするときに「このヒシモチ野郎!」などと使う。

 

かきかけのラブレター

おかあさん「ウフフ。おかあさんこれは見なかったことにしておいてあげる。」

みずいろ「キャー!ヤダー!もうおかあさんったら乙女の秘密を勝手にミナイデー!」

いつまで経っても永遠に渡せないみずいろちゃんのラブレター。女心は秋の空…あれ?夏の空?恋の空?ソーラー発電機?なんだっけ?まあいいか。これで加藤くんの心にドスリと突き刺さるラブワードを届けたいようなキモチ。

 

おでん

おかあさん「ふう。にしても最近寒いわねねぇ…」

みずいろ「なぜ、おでんが?ここに?」

冬場に食べるとあったかい食べ物。日本酒と合わせるとタマランヌですか?

 

第2ボルト

おかあさん「おかあさんも若い頃は殿方から頂いたというか引きちぎったというというか。」

みずいろ「それって加藤くんの第2ボルト!ひきちぎってでも欲しい一品!」

卒業式の時に男子(男機)から女子(女機)がもらう部品。結構重要な部品で、これがないといろいろ致命的な問題が起きる。主に時が止まる。永遠に。

 

消しゴム

おかあさん「近所の文房具屋さんの倒産セールで安かったのよ!」

みずいろ「倒産しちゃったんだ…こんなところにグローバリズムの犠牲者が…」

単なる消しゴム。全然関係ありませんが、おかあさんはウシキング先生となんだか怪しい関係になりつつあります。燃え上がるココロとカラダには嘘をつけません。

 

使用済み湯呑み

おかあさん「校務員のカエルさんから贈り物を頂いているわよ。」

みずいろ「なんだこのボロ湯呑み。」

バション先生愛用の湯呑み。詩歌のみならず陶芸にも造詣の深いバション先生の自作で、時価数千万円はくだらない一品。たまにバション先生はこの湯呑みでお酒をのんでいる。

 

完成したラブレター*1

みずいろは加藤くんのことを考えると胸の奥の回路が熱を持っちゃいます。学校でも家でも、いつも加藤くんの事がメモリの中から消えてくれません。

 

だから勇気をもって伝えようと思います。

 

加藤くん。だいすき。

 

社長賞*2

ラブネリ工場で最高に働くと頂ける最高勲章。でもよくよく考えるとこんなゴミをもらう為に過酷な単純労働を課せられていたかと思うと口から何か出そうになります。

 

ドクロの森の模型*3

1/128000サイズのドクロの森の模型。アマゾンの奥地のシャーマンによって守られていたが、近年発見され博物館に保存されている。あと古いせいかちょっと変な臭いがします。

*1:最終話を終えるとごほうびに追加される。

*2:スペシャルゲーム「ラブネリ工場」で40以上の記録を出すともらえる。

*3:スペシャルゲーム「ドクロの森」を完全クリアするともらえる。